FOMCをどこまで織り込んでいるのでしょうか?

今日というか日本では明日の朝、FOMCの金利発表がありますね。

さてさて、今回利上げするとか、据え置きだとか色々意見がある様子ですが、どうなんでしょうか。
どちらにしろ、利上げは折り込み済みだと思っていますので、どちらにしてもあまり大きなインパクトにはならないような気がします。

今週はチャートを見れなかったのですが、さてさてポン円さん、ドル円さんの様子を伺ってみると、ポン円さんは戻り、ドル円さんは戻り気味だけど停滞といった印象ですね。

4時間足のポン円さんは、まだショート目線ですね。
ドル円さんの4時間足も同じくショート目線に変わりがありません。

ポン円さんもボラが復活していますので、できればショートで大きく動いてほしいと思っていますが、こんな個人の思いなんてどうでもいいので、相場についていきたいと思います。
さぁ、今日から再開しますよ~!

団塊Jrのひとりごと:【それでも冷静に・・・】


保守党は過半数とれませんでしたね・・・。

ただ今14時15分。やっとチャートが見れました。
相当ポンドは落ちているだろうなと思いましたが、まっそうでしょうね。
暴落後、今は戻っていますが、丁度半値戻しといったところでしょうか。

日本時間は、戻った後のレンジで終始しそうですが、ロンドン・ニューヨーク時間になったらもう一段下落するのでしょうか。
当然今日のスタートはショート方針でいきます。

チャンスがあれば積極的にいってみようかなと!

団塊Jrのひとりごと:【お祭りには参加しないと!】


</a>

さて、イベント盛りだくさんですね!

さてさて、8日がやってまいりました。
英国の総選挙、米国のコミー前FBI長官の議会証言、さらにECBの金利発表まであります。
すごいですね~。
結果次第で相当に動くでしょうが、どこまで動くのかさっぱりわかりません。

英国の保守党苦戦となれば、当然ポンド売りとなるでしょうが、苦戦の度合いにもよりますし・・・。
過半数割れとなればどうなんでしょうか?

それはコミー前FBI長官の議会証言も同じで、どこまでの証言がでるのか・・・。
そもそも、こういうような情報が出てくること自体が政府のガバナンスが効いていない証拠だと僕は思うのですが、
やばい発言がでたら、当然ドル売りとなるでしょうが、やばさとドル売りの規模は全く想定できない・・・。

ということで、今日は最高度の警戒をしながらの参加となるでしょうし、なんならやめておこうかなとも考えています。
危ないことがわかっているのに、手を出すのはアホですからね。

団塊Jrのひとりごと:【やばいことがわかっているのならやらない】



下げますね~

昨日のポン円さん、下げますね~。少しは戻りがあるかなと思っていたのですが、
結果はそのまま下落です。
まっそれでもいいんですが、というよりその方がいいんですが。

ドル円さんんもそのまま下落しました。

ということで、ポンドの動きというよりも、円の動きということでしょうか。

さて今日ですが、戻りもありそうな感じがしますが、基本ショートで。
ドル円の前回安値108円前半が見えてきましたが、一気にいくのでしょうか?
その方がありがたいですが、基本戻りも警戒しながら普段通りということで。
利中損少でまいりたいと思います。

団塊Jrのひとりごと:【波にのったときこそ平常心】



円さん、一番いいストーリーで展開中じゃないですか!

ただいま11時43分。
チャートを見ました。ドル円さん、ポン円さんともに一番いいストーリーで展開中じゃないですか。
4時間足のトレンド的にも最高のストーリーです。

さ~ドル円さんのこれからの動きですが、そりゃ一気に前回安値118円前半ぐらいまで行ってくれればありがたいですが、そうは問屋が卸さないでしょうね~と予想します。
ここまでくれば、長い目でみれば118円前半に向かうと思うので、乗っかるのもありかと思いますが、何せ僕は短期中心。
はい、いくぞ~とはならないのです。

ロンドン・ニュヨークでは、少し戻るかな~と考えています。
戻し後が勝負かなと!

どんな展開になるにしろ、面白くなってきましたね~
総選挙やロシアンゲートなどのイベントもあるし!

団相Jrのひとりごと:【波にのるぞ~】


プロフィール

ヒデ

Author:ヒデ
どうせ誰も読まないだろうな・・・と思いながら、団塊Jrである私が日頃感じていることをツラツラと書いてみたいと思います。特に為替を含めた経済・金融の世界を発言してできればと考えています。
職業:一応、経営コンサルタント(地場でコツコツ、実務支援中心でやっとります。)
趣味:運動系はゴルフ。文系は読書(週に3~5冊は読まないと気が済まない活字フェッチレベル)

最新コメント

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム